【にょたいか水泳部】エッチ漫画無料立ち読み

【ネタバレ】にょたいか水泳部でエロ体験♪

にょたいか水泳部は

コチラの画像をタップして

↓まずは無料立ち読み↓

↑コミなび月額324円(税込)↑

1話60ポイントで購読可能♪

 

氷室芹夏先生のエロ漫画「にょたいか水泳部」のあらすじ紹介をしたいと思います。(チョットネタバレあり)

 

女体化水泳部1巻ネタバレ

 

突然の女体化、戸惑う心と濡れる身体♪

 

「は? え?」

 

「こ・・・これぇ?」

 

恥ずかしい・・・

 

「胸とお尻のはみ出し・・・」

 

「どうして女の子の水着を着なきゃいけないんだよ!」

 

「身体に張り付いて アソコも食い込んで・・・」

 

「締め付けが・・・ああ・・・」

 

「水着の上からでも・・・」

 

何故か恥ずかしがっている競泳水着の女の子。

 

胸とお尻とアソコに水着が食い込んでいて大変らしく、刺激で悶えた女の子はオナニーを始める。

 

どうしてこうなってしまったのかというと、この女の子は昨日まで男で、突然女体化してしまったらしい。

 

あそこがムズムズ・・・

 

すごく熱くなってきてる・・・

 

ハッキリわかる

 

ヌルヌル・・・

 

指が・・・

 

指と一緒に水着が食い込んでいっちゃう

 

水着を着ただけなのに 僕のあそこが・・・

 

「ああっ」

 

「くるっ」

 

「来ちゃう」

 

「なんでぇ」

 

「こんな格好で みんなの前に出られないよ」

 

彼女の名前は真琴、親友のギンタに勧められ水泳部に入ったひ弱な男子である。

 

どうやら近所のパワースポットで願った結果、何故か女体化してしまったらしい。

 

どうしたらいいか分からない真琴の元に、親友のギンタがやって来る。

 

真琴の言葉は信じられない事な筈だが、親友なので信じてあげるギンタ。

 

すごくエロイ身体をしている真琴に、ギンタは股間をすぐに膨らませる。

 

余りにもエッチな反応する真琴に欲情したギンタは真琴に襲い掛かり、親友同士で秘密の関係を持ってしまうのだった。

 

にょたいか水泳部の本編の続きは

この下の画像をクリックして

↓まずは無料で試し読み↓

 

2巻で女体化男子が友人に惚れられちゃって・・・。

 

イクたび女になっちゃう俺のカラダというサブタイトルが付いたこのにょたいか水泳部は、ネタバレになっちゃいますが、2巻ででさらに凄いシーンに遭遇します!

 

女性みたいな顔や身体をしていた真琴は、友人のキンタの誘いで水泳部に入ることになる。

 

そこには憧れの水泳部の先輩の美桜が居て、なんとか気を引きたいと思った真琴。

 

「男らしくなりたい」と神社で願ったのだが、翌日の朝には身体が完全に女になってしまっていた。

 

友人のキンタにはそれを受け入れて貰えたものの、そんなムチムチな身体でスク水な友人を見て、キンタは惚れてしまってその場で襲いかかってしまった。

 

友人にされているのに、身体は敏感に反応し、パイズリまでやってしまった真琴。

 

勢いでそのまま挿入しようとするキンタだが、このまま真琴は童貞ではなく処女を奪われてしまうのだろうか!?

 

そして、真琴は憧れの美桜と急接近することになるのだが・・・。

 

にょたいか水泳部の続きはココから↓

 

3巻で女になったり男になったりと、真琴の受難はまだまだ続いていく。

 

では、続編のネタバレを進めていきますね!

 

水泳部にいる憧れの先輩である美桜に近づきたいと、真琴は神社で男らしくなりたいと願った。

 

しかし、翌日に真琴の身体は女になってしまう。

 

それを知った友人のキンタに、そのムチムチなエロボディを弄られてしまい、パイズリで射精までされてしまった。

 

そうこうしている内に、真琴の女体化は収まっていったのだが、実はある事がキーとなっていた事が判明する。

 

それは、「イク度に女になっちゃう」という事だった。男に戻ってしまった真琴は、「スク水着た変態が美桜先輩に近寄るな」と色花先輩に迫られることに。

 

恥ずかしい写真を撮ってやろうと素股で真琴の股間を刺激していく色花は、どんどん真琴にギンギンチンポが気になり始めていってしまう。

 

私後ろからされるのが好きなの」と、色花はバックでのセックスを望んできてしまって・・・。

 

↓にょたいか水泳部の画像はコチラ(^^♪↓

 

超抜けるエロ漫画人気ランキングページへ

 

にょたいか水泳部を読んだ後は・・・

 

日本人の名前が持つ意味は特別!

 

2015年はどうなるの?名前で運勢・運命が決まるなんてとっても不思議!外国人と日本人の名前の違いとは?

 

名前で運勢・運命が決まるなんてとっても不思議な話ですが、これはこれは古くから信じられている考えで、だから子供の名前というものを親は慎重に考えます。

 

日本で子供の名前を考えるとき、画数の良い名前や苗字との兼ね合い、縁起のいい漢字をあてがったりと親は思考錯誤して決めます。

 

けど欧米人の名前を思い浮かべてみてください。

 

マイケルとかとかベンとかジョンとかキャサリンとか・・・・なんだかみんな同じような名前の人ばっかりなきがしませんか?

 

あなたの名前は親が与えてくれた大切な運命です ♪

 

欧米人の名前はそのほとんどが聖書に出てくる人物の名前をとったものなのだそうです。

 

または祖父や恩人の名前をそのまま子どもにつけたり。

 

だからみんな聞いたことのある名前ばかりなんですね。

 

欧米人のこのような名前とは違って、現代の日本人の名前には親が思考錯誤して考えた願いや想いがたくさん詰まっています。

 

だから名前には運勢や運命を左右するような力が宿っているのかもしれませんね。