【神隠し伝奇 -淫-/御前伶の無料立ち読み】

【あらすじ解説】神隠し伝奇 -淫-のネタバレ!

↓神隠し伝奇 -淫-の無料立ち読み↓

色んな視点でリアルにホラー!

まんが王国月額324円(税込)〜

 

御前伶先生の作品は、始まりのサブタイトル”生贄の儀式”からしてホラー?オカルト?な雰囲気が漂う『神隠し伝奇 -淫-』がマジ怖い!

 

それでは、あらすじを簡単に紹介したいと思います!

 

東京から田舎に帰省してきた涼子。

 

高校卒業以来の友人たちと再会し、綺麗な少女に出会います。

 

それは中学時代に失踪し、神隠しにあったとされた深雪だったのです。

 

ゾッとするような美しさをまとい、異常なまでに性的快楽を求める深雪。

 

町の男たちは、欲望にまかせて彼女に群がります。

 

やがて次々と姿を消す、神隠しに関わったとされる元同級生たち。

 

町外れの廃屋で、狐面を被った男に体を弄ばれる少女。

 

恐怖に震えながらも、体は快感に溺れ・・・

 

そしてその魔の手は涼子にも・・・!

 

望まない行為を強要される恐怖はまあ分からないでもないですね。

 

しかし、そこから快感に変わっちゃうんかい!という違った恐怖、ありませんかね?(笑)

 

ここから得られる教訓は、「快感に勝る恐怖ナシ!」といったところでしょうか。

 

ああ、女は難しい・・・

 

この物語の続きはコチラから↓

 

↓神隠し伝奇 -淫-の無料試し読み↓

 

今一番オススメのエッチ漫画ランキング