【義父のぬるぬるマッサージ】エロ漫画無料ネタバレ画像付き♪

【ネタバレ】義父のぬるぬるマッサージ!

義父のぬるぬるマッサージは

この下の画像をタップで

↓今すぐ無料試し読みできる↓

義父のぬるぬるマッサージネタバレ

↑まんがこっち立ち読み無料↑

1話:50P/1巻:300P/span>

月額会員300円から

 

九波ヒメヒコ・赤髭先生の超エッチな義父との絡みを描いたエロ漫画「義父のぬるぬるマッサージ」のあらすじ解説とネタバレを少ししますね!

 

義父のぬるぬるマッサージ 1巻 ネタバレ

義父と娘の禁断の関係が、マッサージで始まろうとしている!

 

新体操部の大会が迫っていて、顧問の先生に演技の猛特訓を受けていた水原みさと。

 

先生に脚を上げるように言われて、意識をしすぎたせいで伸びきった背筋を痛めてしまう。

 

すぐに治ると思ったのだが、その痛みは家に帰っても続いていた。

 

大会間近のアクシンデントに、母は心配してマッサージを勧める。

 

しかし、さとみは乗り気じゃない表情になっていた。

 

その訳とは、マッサージしてくれるのが義父だったからだ。

 

義父は普段からさとみの身体にいやらしい視線を送っていて、さとみはその視線が苦手だった。

 

しかし、行為を無下にするのもはばかられたので、レオタード姿のままマッサージを受けることに。

 

腰を指圧されて、序々に引いていく痛みに、どんどん気持ちよさを感じるさとみ。

 

しかし、さとみのエロい身体が強調されているレオタード姿に、義父は興奮を隠しきれない。

 

義父の手は遂に太ももまで伸びていき、どんどん際どい所にまで迫ってくるのだった。

 

義父のぬるぬるマッサージ 2巻 あらすじ

マッサージにハマる娘と、股間を膨張させる義父!

 

 

あのマッサージから翌日になり、昨日より念入りにマッサージをして貰うさとみ。

 

あのマッサージを思い出しながら、さとみは悶々と一日を過ごしていたらしい。

 

マッサージをして貰いにベットに行くと、「今日は念入りにマッサージしてやるぞ」と気合の入った義父が、昨日よりも入念に準備を始めていた。

 

今日は、下着だけの姿になってベットに横になるさとみ。

 

レオタードからは見えなかった胸に、義父は生唾を飲む。

 

まずは普通に揉んで行く義父だが、さとみはもうそれだけで感じ始めて来ていた。

 

際どいところを触られるんだろうなと、さとみは変な意識をしていると、義父はさとみの片脚を大きく広げてくる。

 

下着腰の膣をはっきりと見られてしまった事に、濡れそうになったさとみ。

 

昨日のマッサージ以上に際どい部分を触ってくる義父に、さとみはもうイッてしまいそうになる。

 

さとみの姿を見て微笑んでいる義父は、既にさとみを頂く算段を付けていたのだった。

 

義父のぬるぬるマッサージネタバレ

 

義父のぬるぬるマッサージ 3巻 まとめ

義父のマッサージの虜になった娘は、お風呂で乳首を弄られて!

 

義父のマッサージのお陰で、普段通りの登校もして、比較的動きやすい身体になった実感を得たさとみ。

 

友達からも細くなったと褒められ、義父のマッサージの効果を実感し始める。

 

義父のマッサージの気持ちよさを思い出しながら、ゆっくりと自宅のお風呂でくつろいでいるさとみ。

 

すると、そこに義父が背中を流すと言いながら入ってくる。

 

もう、義父に身体を見られることに抵抗のないさとみは、義父提案を受け入れた。

 

背中を流しながらも、義父はマッサージを施してくる。

 

その手つきに気持ちよさを感じていると、義父はさとみの巨乳を持ち上げ出し、たぷんたぷんと胸を揺らしながらマッサージを開始。

 

リンパの凝りをほぐそうと、乳首までコリコリし始める義父。

 

身体が火照ってどうしようもないさとみは、もう義父のマッサージという名の性行為に、なずがままになるしかない。

義父のぬるぬるマッサージ画像

義父のぬるぬるマッサージ 4巻 あらすじ

お風呂でのマッサージで火照った身体を、オイルでさらに火照らされる!

 

お風呂での執拗なまでの胸へのマッサージを終えて、義父はオイルマッサージを提案してくる。

 

もう義父のマッサージの虜になったさとみは、さらなる快感を求めて、義父の提案を受け入れることに。

 

風呂で綺麗になって火照った身体に、義父のやらしい手つきでオイルが塗られていく。

 

背中にオイルを塗りたくられ、お尻もオイル塗れにされてマッサージをされた。

 

さとみは、義父の手つきを思い出すだけで感じる様になっており、義父の手は大きな胸に伸びていき、隅々までオイルを染みこませていく。

 

そして、遂にさとみの股間へと義父の手が伸びていき、丁寧に解していく。

 

今まで以上の快感に思わず声が漏れそうになるさとみ。

 

そんな中、義父の股間も限界を迎えており、義父は最後のマッサージを行おうとしているのだった。

 

義父のぬるぬるマッサージ 5巻 ネタバレ

義父のチンポマッサージで、娘は強制フェラさせられて・・・

義父のぬるぬるマッサージ画像zip

 

幾度となく繰り返されたマッサージに、さとみの抜群のプロポーションを誇る身体は、義父の手によって調教されてしまっていた。

 

マッサージのキッカケは、新体操部の練習で腰を痛めたことだった。

 

そこから何度も何度も、際どいマッサージで開発されていったさとみの身体。

 

蕩けてしまった頭では、もう詳細にはマッサージを思い出せないでいた。

 

そんな感覚の中で、気持ちよさでボーッとしていると、さとみの顔の前に大きく黒いものがベロンと現れる。

 

それはさとみの身体のエロさに今まで我慢していた分、みちみちに膨張したチンポで、さとみは思わず義父のチンポを凝視してしまう。

 

男の生々しいチンポを初めて見たさとみだったが、すぐに義父はさとみの口にチンポを挿し込む。

 

初めてのフェラに、さとみの身体は不思議な感覚へと陥る。

 

義父のチンポは深く深くさとみの口へと挿し込まれ、さとみはもうチンポを受け入れていたのだった。

 

義父のぬるぬるマッサージ 6巻 の急展開に期待!

遂に娘のアソコへと侵入するチンポ!!娘は快感に身を委ねるしか道はない!!

 

さとみは、義父の強制フェラで口内をマッサージされてしまった。

 

初めてのフェラに、感覚がおかしくなっているさとみは、常に快楽に敏感な身体になっていた。

 

強制フェラで性欲をぶつけた義父は、遂にさとみのアソコへと迫る。

 

さとみは抵抗するまもなく、押し倒されながら膣内にチンポを挿入されてしまう。

 

生まれて初めて味わう感覚に、声を上げて感じていくさとみ。

 

義父はその声でさらにチンポをビキビキにさせていき、さとみの膣内の奥へと侵入させてくる。

 

義父の視線は完全にいやらしい視線になっており、もうマッサージじゃなくて完全なるセックスとなっているのを表していた。

 

大股開きを固定され、まざまざと見せ付けられるアソコには、義父の逞しいチンポが出入りしているのが見えてしまう。

 

もう義父のチンポを求めているのを膣で察したさとみは、気持ちよくなることしか頭にない。

 

締めつけが強くなったさとみのアソコに、義父のチンポは限界を迎える。

 

さとみのアソコに注ぎ込めれる大量の精液は、さとみの身体をさらに快楽に誘っていくのだった。

 

義父のぬるぬるマッサージ 7巻でついに圭吾くん新展開に!?

 

先輩から言葉&指攻めからいきなり!?

 

さとみは圭吾くんに耳元で囁かれ、あの時のことは・・・

 

どっちでもいい!

 

それってどういうこと!?

 

それじゃあ水原さんはあそこでしたこと全部は・・・ごっごだったの!?

 

キスの遊びのごっごだったの?

 

と、言っていきなりキスを始めるとさとみは、

 

「圭吾くん・・・苦しい」と言いながら、そのまま服を脱がれてついには・・・

 

義父のぬるぬるマッサージの続きは

コチラの画像をタップで↓↓↓

 

義父のぬるぬるマッサージ〜娘のコリを朝からクリクリ〜の配信話一覧

配信サイト まんがこっち
タイトル 義父のぬるぬるマッサージ〜娘のコリを朝からクリクリ〜
作者 九波ヒメヒコ・赤髭
サイト利用料 月額300円より
1話/1巻 50P/300P
権利元 カゲキヤ出版
雑誌・レーベル カゲキヤコミック
第1話 お義父さんの指がパンツにスルリと…アソコに触れちゃう!
第2話 強制開脚! 恥ずかしい恰好でジワジワ揉まれて
第3話 お風呂で乳首マッサージ お義父さんにビンビンにされました
第4話 「ここがツボなんだよ」オイルでコリコリされる股間
第5話 義父の太棒を咥えて舐めて…これが小顔マッサージ!?
第6話 仕上げの挿入マッサージ! これってもうセックスだよぉ!
第7話 本格マッサージの誘惑 娘をモミつくす四本の腕!
第8話 今夜は私がお義父さんを…疼く娘のカラダ
第9話 露天風呂なのに、見えちゃうのに! 腰が止まらないよぉ!
第10話 丁寧に拭かれるアソコ…違うの、それは汗なんです…
第11話 酔った体をペロペロマッサージ!? 中に舌が入ってくるぅ!
第12話 合宿中、押入れに隠れた二人…無言でまさぐり合う男女
第13話 狭い所で密着イジリっこ 舐めて揉まれて…我慢できない!
第14話 圭吾くんの、すっごく熱くて…私、おかしくなっちゃう!
第15話 「その男の子は…誰かな?」ここでお義父さんと会うなんて!?
第16話 久しぶりの義父マッサージは、一枚上手の快感!?
第17話 「私…何か出ちゃうッ」はしたない娘の破廉恥デトックス
第18話 女子トイレの密会 もう一度マッサージ…する?
第19話 あの夜のキスも、エッチも…遊びだなんて思わない
第20話 絶頂と軽蔑と…不安な夜に、義父が迫る!
第21話 こんな恰好、アソコが丸見え…! 股間を舐め合う父と娘
第22話 義父にまたがり自分で挿入 こんなこと、ダメなのに…
第23話 酔った体に塗られたオイル そんなに指で広げないで…

 

義父のぬるぬるマッサージ x 無料漫画大人のサイトトップページへ

 

義父のぬるぬるマッサージ!義父の技で、娘はムチムチボディを開発されていき・・・

義父のぬるぬるマッサージ

画像も超エロ盛りだくさん!

義父のぬるぬるマッサージ

 

新体操部に所属している水原みさとは、美少女で身体もムチムチな高校生。

 

ある日、母に腰を痛めた事を相談していると、義父がマッサージをしてあ上げようと提案してくる。

 

普段から、自分の身体にいやらしい視線を送っているのを感じていたさとみは、嫌々ながらも母の勧めでマッサージを受けることに。

 

レオタード姿でマッサージを受けるさとみは、義父の腕前に気持ちよさを感じてくる。

 

しかし、さとみの身体を狙っていた義父は、序々に際どい所のマッサージをし始める。

 

「これはマッサージだから・・・」と言ってくる義父に抵抗できないさとみは、遂にアソコに指の侵入を許す。

 

義父の最終目的は、自分の膨張したあれでアソコをマッサージすること。

 

さとみは義父の魔の手から逃れることが出来るのか!?

 

義父のぬるぬるマッサージを感じずにはいられない!

 

九波ヒメヒコ 赤髭が描くエロ漫画は流石だなあといつもある意味感心させられます。

 

自分の基本的なキャラクターやセルフイメージ、行動パターン、最終的にそこがまんぞくしていないとだめ!的な部分などが象徴されているようにも思えます。

 

今までのエロい体験とか古いイメージとかを粉砕するような勢いです。

 

自分はこんな人というイメージが、何らかの形で崩れていくようなものです。

 

無意識に自分を守っていた古い鎧のようなものが壊れるときもあります。

 

見栄や意地、体裁などがこわれてくると、素の顔がむき出しになることもあります。

 

上下関係やプライドなど、古い価値観にモドづく自己評価もなくなります。

 

よりフラットに、自由に、オープンになれる時間帯です。

 

出る杭は打たれると言われますが、どんどんでて、もう打たれようがあにくらいに出し切ってしまえる時期かもしれません。

 

学生時代にもいろいろなデビューをするきっかけにもなります。

 

地味だった自分もある節目を経て、劇的に変化することがありました。

 

成長期ならではの現象とも言えます。

 

義父のぬるぬるマッサージを読むとこうしたエロいデビュー的な変貌を遂げる人も少なくないようです。

 

新しい自分を発見し、自由になれるタイミングなのかもしれません。

 

あとは、経済的な力が大いに解放されるときにもなっていくでしょう。

 

それまでの従属から解き放たれ、独立採算になったり、自分でビジネスを立ち上げたりする人も出てくるかもしれません。

 

もちかしたら、コミュニケーションとか、学習、兄弟姉妹を象徴するように、とても新鮮なものを取り入れていくこともいいのかもしれません。

 

時代の中で、新しい言葉を身に着けていくのももちろんありですね。