【不妊治療する夫婦の傾向】

不妊治療をしてでも二人目がほしい

 

最近多いという不妊治療に励む夫婦。

 

晩婚化や若い女性の不妊症増加の問題から、高い費用と時間をかけてでも不妊治療に望むひとは少なくありません。

 

しかも不妊治療を経てやっと赤ちゃんを授かった夫婦の多くが「二人目もほしい・・・・」と、不妊治療を続行するケースがすごく多いのをご存知ですか?

 

若い人や、まだ結婚してないひとからすれば、“不妊治療をして一人授かっただけで十分じゃないか”と思ってしまいそうですよね。

 

しかし実際に一人子供を授かってみると、そこで初めて子どもを授かることの素晴らしさに気づくことができ

 

ぜひともこの体験をまたしたい――と思うものなのだそうです。

 

子どものいない私からしたら、わかるような・わからないような・・・という感じですが(笑)

 

経済的にそれほど余裕があるわけでなくても、無理してでも二人目の不妊治療に望む夫婦はすくなくありません。

 

どうやら子どもの素晴らしさって知るほどに、もっと欲しいと感じるもののようです。