安全領域を見極めることから始まる

新たなスタートのための現状確認

いままで起こったことを振り返り、自分が立っているスタンスや範囲を検証してみると、それをどう変えたいのか、次に何がしたいのか、ビジョンが描けてきます。

 

そうすることで自身の安全領域がどこなのかがはっきりと見えてきます。

 

そして次には試行錯誤を繰り返して、足場を固めていきましょう。

 

小さくてもいいので挑戦を日々繰り返して、自分の場所を整えていき、不足している知恵や知識や技を磨いて、支持や協力者を求めて依頼していく姿勢が重要です。

 

目標を明らかにして、真の問題と戦える戦略も同時並行で練っていきましょう。

 

本当に必要なもの、目指すものをえるために自分の中になるこだわりや執着と向き合い、眼前の問題から目をそらさずに勇気を出して真正面から取り組んでいきましょう。